いつもぼーっとしている君へ(拓樹)

「拓海〜なあ、拓海ってば聞いてんのか!?ボケ!ぼーっとしてんじゃねぇよ!」
「え、ああ………なんだっけ」
「ほらこれ!!」
「なんだこれ」
「ばっか………!言わせんなよなー!バレンタインのチョコだぜ、チョコ」
「俺に?」
「他にここに誰かいるか?」
「イツキが、俺に………?」
「そーだよ、慣れないチョコ作り頑張ったんだぜー?イツキ様のスペシャルチョコレート味わって食うが良いぞー!」
「イツキ………オレ、すげー嬉しい。イツキが手作りチョコなんてくれると思わなかったからさ………」
「なんだぁ?微妙にオレのこと馬鹿にしてる??」
「ちげーよ、そうじゃねー……嬉しくて感動してんの」
「ふーん」
「食っていい?」
「え、今?家に帰ってからみてくれよなー恥ずかしいし」
「そっか、楽しみにしとく」
家に帰った拓海は一目散にイツキのチョコを開けた。そこにはLOVEとヨレヨレの文字で書かれたハート型のチョコレートが入っていた。
「イツキ………可愛すぎだろ………オレのために………サンキューな。大事に食べよ………」
そうして拓海は冷蔵庫にチョコを大事にしまっておいたのだが、何も知らない文太にチョコを食べられてしまったのはまた別のお話……